img_02

別れを考えた時は弁護士に相談を

もし別れを考えた時には、自分ひとりで悩まずに誰かに相談する事をおすすめします。
デリケートな問題なので、相談をすることをためらわれる方もいますが、1人で考え込んでいても何も進みません。また別れを進めていく上で揉めることも多いものです。

そんな時は弁護士事務所に一度相談に行くのが良いです。

一方的に別れを言い渡されてしまった時や、別れの慰謝料や親権の問題などの相談にのってくれます。


やはり別れの際に一番揉めるのが慰謝料や親権の事になります。慰謝料とは精神的苦痛を相手に負わせられた時に発生するお金の事です。

別れの際に慰謝料が発生するケースは2つに分類されます。
1つはDVが原因で別れになった場合の精神的苦痛に対するものと、2つ目は別れ自体に生じる精神的苦痛によるものです。おおまかに言えばこの2ケースなのですが、他にも結婚生活の維持を放棄している場合、たとえば家に生活費を入れていない場合などや、夫婦の夜の生活を拒み続けてきたという場合にも発生します。

しかし性格の不一致や価値観が合わないなどの理由では慰謝料は発生しない可能性が高くなっています。


また別れをした後3年が経過してしまうと慰謝料が請求できなくなるので、慰謝料請求を考えている場合は注意が必要です。
そして慰謝料が発生する場合の慰謝料の相場はだいたい200万円から300万円のケースが多いです。

結婚生活が長いほどこの慰謝料は多くなる傾向にあるようです。
また慰謝料を請求する場合は、立証の内容によって請求額が大幅に変わってきてしまうものです。

言葉の主張だけではダメで、証拠が必要になってきます。

日記などをつけていればそれも証拠として扱ってくれるので、日記などを毎日つけていくのも良いですが、それだけだとやはり証拠として弱く、説得力に欠けてしまいます。

このような証拠や主張は個人では難しい場合もあり、弁護士がそばについていた方がやはり有利になります。

話を有利に進めるためにも弁護士への相談を強くおすすめします。
初回は無料で相談にのってくれる弁護士もたくさんいます、のでまずは相談に行く事が大事です。

http://www.n-tacc.or.jp/
http://www.nichibenren.or.jp/
http://www.meti.go.jp/

京都の相続情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

人気のある京都の相続情報があります。

相続税の申告に関する有益な情報をご紹介いたします。

横浜の法律事務所関連の情報をたくさん掲載しています。

今すぐ見つかる横浜の弁護士の情報サイトを利用して良かった。